「稼ぎたいけれどアダルトはやりたくない」という人は自身の商品価値を客観的に見る必要がある。

大阪梅田チャットレディプロダクションBrilliantGirlsです♪

 

 

チャットレディに応募する女の子の半数以上が「アダルトはちょっと・・・」という人がいます。

確かにチャットレディの触れ込みに”お話のみで時給3000円””お喋り好きな女の子が月給50万円可能”などと如何にも普通の女の子が稼げるという意味合いのワードがバンバン出てきます。
(これに関してはチャット業界が悪いという考えもあります。)

 

風俗などを始めようと思っている人からすれば「男性に裸を見せる」という行為は周知の事実なので違和感はないですよね。
しかし、チャットレディの募集の大半は普通の女の子なので「アダルト」というワードが出てくると拒絶反応をしてしまうのです。

 

その結果、稼ぎにくい「ノンアダルトサイト」にいき収入と労力が見合っていないため辞めてしまうのです。

 

今回は「アダルトチャットがやりたいない・・・」と思っている人へ向けてチャットレディとしての商品価値についてお話します。

 

 

チャットレディとしての商品価値

「アダルトやりたくない・・・でもお金は稼ぎたい」

 

わかります。
出来ればアダルトチャットではなくてノンアダルトチャットで稼ぎたいですよね。

しかしながら、チャット業界というのはそんな甘い物ではなく当然ながらノンアダルトで時給3000円というのはまず不可能です。

 

例えば、人気アイドルがノンアダルトサイトに出演すればそれを聞きつけたファンが殺到し、「お話だけでもお金払って聞きたい」という人が沢山きますよね。
そうなれば時給3000円、いや時給1万円も可能でしょう。

 

なぜなら、そのアイドルには「価値」があるからです
いわゆる、アイドルとしての商品価値です。

 

しかし、一般の女性にはその”商品価値”はありません。
何年もやっている歴の長いチャットレディは当然ながら経験やスキルがあり、常連さんもいるので商品価値はあります。

この”価値”の高さがそのまま給料に直結しています。

 

 

客観的に自分の価値を見定めできているか?

まず、大事なことはお金を払うだけの”それ相応の価値”が貴女にあるのかどうかということ。
そして、その事実に対して客観的に分析をできているかということ。

 

 

客観的に一度自分を見て下さい。

 

「お話をするだけで満足させる価値はありますか?」

「あなたが笑顔で接客することの価値はありますか?」

「アダルトチャットに出演している女性よりも男性の欲求を満たすことができますか?」

 

 

この”客観的に自分を見れているか”はアダルト、ノンアダルト問わずチャットレディで稼ぐための秘訣です。

 

 

 

男性がチャットレディとチャットをするには決して安くないお金を払っています。
1時間もチャットをすれば約5000円〜10000円以上かかります。

そのため男性はその対価に見合うだけの満足感を求めています。

 

満足させなければ絶対にチャットで稼ぐことはできません。

 

ノンアダルトサイトで満足感を与えることは難しい

ノンアダルトサイトで男性を満足させることは非常に難しい。
アイドルや女優レベルの容姿やスタイルで合っても満足させるのは厳しいといっても過言ではないでしょう。

 

逆に言えば、アダルトチャットで満足感を与えることはかなり容易なのです。

 

男性の「裸が見たい」という要求に対して応えてあればまず一つの満足感を与えることができますよね。

 

チャットはこの満足感の積み重ねです。

 

満足感を積み重ねていくことが常連さんや新規会員さんを掴むためのコツ!

 

 

チャットレディもブランディングの時代

昨今流行りのYouTuberもこのブランディングをしていくことで収入をアップさせていることはご存知でしょうか?

 

「ブランディング」
ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域 ・祭事など、あらゆるものが該当する。

 

例えば、「100万円使ってお店の物を買ったら何品の商品が変えるのか?」という動画があるとします。
これは一種のブランディング戦略であり、「私は世間から人気があり、高額な収入を得ているのでこんな動画が作れます」というアピールをしていることになります。

 

こういったブランディングは世の中では極当たり前に行われています。

 

 

これがチャットレディであっても同じなのです。

 

チャットレディとしての商品価値を高めていくブランディング戦略をすればもちろんノンアダルトでも稼ぐことはできますし、アダルトでは更に高額な収入を得ることができます。

 

 

つまり、”チャットレディもブランディングの時代”ということです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「稼ぎたいけれどもアダルトはやりたくない」という女の子がいますがそれは自身の商品価値を客観的に見る必要があります。

 

男性会員さんをアダルト以外の方法で満足させるほどの容姿やスタイル、トークスキル、経験などがあるのかどうかを客観的に見ないといけません。

 

そこに気づけない人はただただ、時給1000円未満の稼ぎをノンアダルトサイトでダラダラやっていることでしょう。

 

もし、今ノンアダルトサイトで稼げないと悩んでいる人は一度貴女が会員さんを満足させるだけの価値があるかを客観的にみてください。
自分で見れないのであれば周りの人にきいてください。

 

そこに答えがあります。

 

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+