チャットレディで稼げない理由の9割は「本人に問題あり」。その理由とは?

スタッフゆう(@brilliant_chat)です♪

 

ブログは不定期ですが大体3日~5日に更新しています☆ミ

 

日々、ツイッターにてチャットレディに関するコトをつぶやいていますのでみてくださいね(*´ω`*)

当社のブログ記事はチャットレディ未経験の方や経験者の方どちらも楽しめる内容となっております( ´ ▽ ` )ノ

カテゴリ別にて記事を分けているので気になるカテゴリからご覧ください(´ε` )

 

 

 

「稼げない・・・」 思っている人の多くはこう考えています。

 

「サイトが悪いから・・・」

「事務所のサポートが悪いから・・・」

「クソみたいな会員しかこないから・・・」

「胸が小さいから・・・」

「子供がいるから・・・」

「生まれつき容姿が悪いから・・・」

 

 

はい、全部言い訳です。

 

ぶっちゃけ、稼ぐ人はどんな環境下においても稼ぎます。
そこに「容姿」や「スタイル」、「生活環境」なんて口にすることはありません。

 

稼げないのは誰のせい?

 

全てあなたの責任です。

 

 

 

 

稼げる人はどんな環境でも稼ぐことができる

 

結論からいうと、

「稼げる人はどのような環境でも稼ぐことができる」

ということです。  

 

 

以前、体験入店で1日約6万円稼いだチャットレディさんがいました。
実際にチャットレディの体験入店をやったことがある人であればわかると思いますが体験入店初日で「6万円」というのはかなりの金額になります。
その日はアドバイスもほとんどやっていないにも関わらずにパーティチャットで10人overののぞきをつけて時給1万円以上の給料を稼いでいました。

 

ちなみにお仕事時間にもよりますが体験入店の平均日給は約1万円〜2万円となっています。    

 

その女性は「男性を引きつける仕草や言葉」、「可愛く見えるカメラの角度」、「パフォーマンス」など実際に稼いでいるチャットレディさんと同じ技術を初日から行っていました。  

 

話を聞いてみると「チャットの経験はなく雰囲気でやってみた」ということでした。

 

おそらく本能的なもので男性を楽しませるセンスを持っているのだと思います。  
つまり、サポートやアドバイスなどなかったとしてもチャットで稼ぐセンスを持っている人はどのような環境でも稼げるということです。  

 

 

稼げないのは大抵が本人に問題あり。その理由とは?

逆にチャットレディをやっていて稼げないという人はプロダクションというよりかは本人に問題がある可能性が非常に高いのです。  

 

チャットのサポートというのは「0」を「1」にしてあげることです。  

 

そこからは本人のやる気に依存するといっても過言ではありません。  
まずは自身が稼げない問題を分析することがプロダクションの移籍よりも大切です。  

 

すぐに行動しない

「バカのほうが稼げる」ということをホリエモン氏が仰っていました。

 

この言葉は「バカ」が稼げるというのではなく「バカは失敗を恐れないからすぐに行動をする。失敗をしても何度も行動していれば成功して稼げるようになる」という理論です。  

 

例えば、プロダクションのスタッフから「プロフ写真を変えたほうがいい」といって、すぐに行動してプロフ写真を撮影して変える人はきっとチャットにおいて稼ぐ理論に基づいています。


逆に「いや、私はこのプロフ写真が気に入っているから変える必要はない」と行動しない人はおそらく稼げない人の理論に当てはまっています。
チャットレディの稼ぐ方法に正解はないのでとにかく挑戦して行動することが稼ぐための秘訣です。        

 

 

カンタンに稼げると勘違いしている

ありがちなのが「楽して稼げる」と思っていることです。  

こういった考えの人はたとえプロダクションを変えたとしても絶対に稼ぐことはできません。  
上記で挙げた通りチャットのサポートは「0」を「1」にするものであり「100」にすることはできません。  

それは自分自身が努力をすることで生まれる結果です。  
楽して稼げると勘違いしている人はプロダクションの移籍よりもチャットレディという仕事に対してもっと向き合うことが大切です。    

 

 

仕事への責任感をもっていない

わかりやすくいえば、「当日に欠勤をするドタキャン」です。
一般社会なら数回ドタキャンするだけで一気に信頼は失います。
まず、会社として責任のある地位を任されることはないでしょう。

 

それくらい勤怠というのは非常に重要です。

 

ドタキャンをするという人は「仕事への責任感をもっていない」ことを意味しています。

 

勤怠に関してはプロダクションを変えたとしても変わるものではなくその人の仕事に対する姿勢によるものです。
遅刻や欠勤は人間なので誰しもがやってしまうことです。
しかし、遅刻や欠勤をしてしまったことに対して罪悪感を感じないという人は仕事への責任感が欠けているといえるでしょう。

仕事への責任感が欠如している人もやはり本人に問題があるためプロダクションを移籍したところで結果的に何も変わらないことが予想されます。    

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

  • 行動力がない人

  • チャットに対する考えが甘い

  • 仕事への責任感が欠如している  

 

 

この3つの内どれか一つでも欠けているような人はプロダクションのサポートよりも本人自身に問題があります。  
逆に考えると上記の3つに当てはまらないにも関わらず希望以上の収入が稼げていない人はプロダクションのサポート体制に問題があります。  

 

  もし、自分自身でも「何故稼げないのかわからない」という人は相談でもいいのでL下記のLINEよりお問い合わせください♪                        

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

Twitterもやってるのでみてください\(^o^)/

width=