「2月にチャットレディの収入が激減する理由」!閑散期を乗り切る方法とは?

スタッフゆう(@brilliant_chat)です♪

 

ブログは不定期ですが大体3日~5日に更新しています☆ミ

 

日々、ツイッターにてチャットレディに関するコトをつぶやいていますのでみてくださいね(*´ω`*)

当社のブログ記事はチャットレディ未経験の方や経験者の方どちらも楽しめる内容となっております( ´ ▽ ` )ノ

カテゴリ別にて記事を分けているので気になるカテゴリからご覧ください(´ε` )

 

 

チャット業界だけでなく風俗やキャバクラ、ホステスなどでもそうですが2月は閑散期とよばれています。
そのため2月になってから「チャットレディの収入が下がった」という人は少なくありません。

 

ただ、3月〜4月はまたチャット業界において繁忙期と呼ばれるので一ヶ月ほどの我慢ですが副業としてやっているチャットレディからすると閑散期である2月はかなり厳しいようです。

 

 

そこで本日は「2月の閑散期を乗り切る方法」についてお話したいと思います。

 

 

2月の閑散期を乗り切るためには?

まず、2月の閑散期は誰にでも起こりえます。
安定して稼げていたチャットレディであっても急に収入が激減することも。。。

 

乗り切るために知っておくべきことは3つです。

 

 

  • 出勤日数を増やす

  • 稼働時間を増やす

  • 営業メールを欠かさない

 

これらのことをやっておけば収入が激減するというのはまず大丈夫です。

 

 

 

出勤日数を増やす

基本中の基本ですが稼げない人ほどこれができていません。
まず、「出勤日数=収入」に比例するとおぼえておきましょう。

 

週1〜2の人であれば週3〜4にするだけでもかなり収入は安定します。

 

特に2月の閑散期であれば稼げなくなったチャットレディは出勤を減らす傾向にあるので逆にチャンスです。
とにかく出勤日数を増やしておきましょう。

 

 

 

稼働時間を増やす

次に稼働時間を増やすことです。

 

例えば、19時〜22時のシフトの人であれば「22時〜朝5時」までのように一気に稼働時間を増やしましょう。

 

厳しい現実を教えます。

 

チャット業界において2〜3時間の出勤で安定して稼げる人はごくわずかです。
ほとんどいません。

人気チャットレディでさえ1日8時間以上も稼働したりします。
逆にいえば、稼働時間が短くて安定した収入を稼げなかったのであれば今後「稼働時間を増やせば収入が安定する可能性がある」ということです。

 

 

 

 

営業メールを欠かさない

意外とこれをやっていない人がたくさんいます。

 

「出勤している時以外はメールを返さない」というのは間違いです。

 

営業メールは常にチェックして会員さんを繋ぎ止めるようにしましょう。

 

 

朝起きたらすぐにサイト内のメールをチェックする癖をもっておけば常連さんというのは安定して増えてきます。
閑散期の2月だからこそ営業メールは徹底するようにしましょう。

 

わざわざパソコンを開かなくてもスマホがあればお仕事画面にいけるのでそこまで手間ではないですよね。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

2月の閑散期は誰にでも訪れるからこそ逆にチャンスです。
本日、お伝えした3つの乗り切る方法を実践しておけば収入が激減するようなことはありません。

 

むしろ、上り調子になり3月〜4月に一気に爆発した収入を得ることもあります。

 

 

とにかく、

  • 出勤日数を増やす

  • 稼働時間を増やす

  • 営業メールを欠かさない

 

です。

 

 

これを覚えておきましょう!

 

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

Twitterもやってるのでみてください\(^o^)/

width=