約4億9千万円の収益を上げた違法配信者の逮捕の真相について

大阪梅田チャットレディプロダクションBrilliantGirlsです♪

当社のブログ記事はチャットレディ未経験の方や経験者の方どちらも楽しめる内容となっております( ´ ▽ ` )ノ

カテゴリ別にて記事を分けているので気になるカテゴリからご覧ください(´ε` )

 

 

約4億9千万円の収益を上げた配信者が逮捕の真相について

海外サイトでのチャット配信は逮捕リスクがあるのに続ける人たち

ヤフーニュースのトピックに「わいせつ行為生中継した疑いで逮捕」とでていました。

 

女性のわいせつな行為をアダルトサイトで生中継したとして、警視庁は、東京都豊島区南池袋1丁目の自営業内山隆志容疑者(38)を公然わいせつの疑いで逮捕し、5日発表した。調べに対し、容疑を一部否認している。

わいせつ行為生中継した疑いで逮捕 売り上げ4.9億円

 

2014年以降に配信をやり、約4億9千万円もの利益を出していたそうです。

ちなみに、警視庁が摘発した同種事件では過去最大規模という話しです。

 

 

以前、人気youtuberがわいせつ行為の配信で逮捕されたという記事をアップしました。

↓参考記事↓
わいせつ動画投稿で7000万稼いだ人気YouTuberが逮捕!?

 

この女性配信者の場合は7000万円なので今回のケースがいかに大金であるかが頷けますね。

 

 

 

 

いずれも逮捕される要因となるのは『性器露出』であること

生配信での公然わいせつ行為での逮捕には必ず『性器露出』が関わっています。

国内ライブチャットにおいても禁止事項として一番重いのは「性器露出」です。
これを許容してしまえば、サイトはたちまち運営をすることができなくなってしまいます。

 

そもそも、日本という国においては「性器露出」は法で罰せられます。

 

例えば、日本のアダルトビデオでは必ず性器の部分にモザイク処理が施されています。
そして、その映像を世の中に出しても問題はないかどうかを日本ビデオ倫理協会が審査します。
この審査を通過することでアダルトビデオは世の中に出回るのです。

 

しかし、海外ではアダルトビデオにおいて性器へのモザイク処理が一切施されていません。
なぜなら、国が認めているからです。

 

例えば、日本で禁止されている「大麻」は海外の一部の国では使用が認められています。
(オランダ、スペイン、チェコなど)

 

国によって法律が違うため私達が日本という国で住んでいる以上は日本国の法律に基づいた生活をしないといけないのです。

 

 

日本という国では、アダルトビデオや生配信などにおける『性器露出』は一切禁じられているというわけですね。

 

 

『生配信×性器露出』はハイリスクハイリターン

生配信というのはライブチャットにおける醍醐味といっても過言ではないでしょう。

リアルタイムで配信者とユーザーがコミュニケーションが取れる生配信は動画にはない楽しみが生まれます。


特に、現代においては生配信でユーザーを集めれるのは人気者の証であり、配信者の工夫次第では一気にスターへの道を駆け上ることも可能です。

 

しかし、注目を集めるためには他の配信者がやっていないような過激なことをやらないといけないことがほとんどです。

youtuberも人気になるまでは過酷な配信をやっていたりしますよね。
(有名になってからもやる配信者もいますが・・笑)

 

今回の事例でもそれは同様です。

 

”国内ライブチャットでは禁止されている『生配信×性器露出』を行うこと”によりユーザーを大量に集め、有名配信者になり大規模な収益を上げていたのです。

 

 

もし、これが国内ライブチャットサイトであれば一瞬でアカウントが凍結されますので今回のようなケースになることはまずありえません。

 

ちなみに、海外ライブチャットサイトであっても日本の法が適用されるため合法ではなく違法です。

 

違法だからこそ、現在でも逮捕者が続出しているのです。

 

 

↓海外ライブチャットの関連記事↓

新年なので改めて海外ライブチャットの危険性についてお話します。

海外ライブチャットに登録するようなプロダクションは要注意!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

国内ライブチャットで禁止されている『性器露出』。
それを違法な海外ライブチャットで『生配信』。

 

この二つは国内ライブチャットではできない組み合わせであり、ユーザーの需要が非常に高いんですね!

だからこそ、リスクを負ってでも配信者は大金を得るためにやってしまうのです。

 

他にも違法配信をやっている人たちは山のようにいます。


つまり、今回の事例は氷山の一角であるということ。

 

今回の摘発は、おそらく警察の”見せしめ”であると予想しています。

 

全ての配信者を逮捕するよりも有名な違法配信者を逮捕するほうが効率がいいからでしょう。

 

まだまだ、この海外ライブチャットサイトの摘発は止まらないことは間違いありません。

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+