適度な休憩は逆効果!?チャットが終わればすぐに待機する癖をつけよう

大阪梅田チャットレディプロダクションBrilliantGirlsです♪   今回はチャットレディの「休憩」についての記事です。   1回のチャットが終わった後に何度も休憩と取りすぎている人は要注意です。   それは非効率な稼ぎ方を自らやっている可能性があります。    

休憩をいつ取ってもいいのです

チャットレディのメリットでもありデメリットでもあります。   チャットレディは休憩を取るタイミングが自由なのです。  ”YouTubeの動画を見て時間を潰す”のも、”Twitterをする”のも、”友達と電話をする”のもある意味何をやっても自由な環境なのです。   このぬるま湯のような環境のせいで稼げる素質をもっているチャットレディでも「稼げなくなってしまう底なし沼」へと足を進めてしまうことになります。  

環境は今すぐ変えよう!

底なし沼へと入ってしまう前に環境は変えることができます。 そのための”ワンポイントアドバイス”があります。   それは、 『チャット後はすぐに待機をする癖をつけること!』  これがぬるま湯から脱出するための最善の近道です。   

慣れはダメ!初心忘るべからず

  まず、皆さんがチャットレディを始めた時は大抵の人があまり休憩も取らずにメールの返信を済ませたらすぐに待機していたかと思います。   その心境は「お金を稼ぎたい」や「チャットを始めたばかりなので全てが新鮮」、「仕事への責任感」などという気持ちがあります。   しかし、ある程度チャットレディの仕事にれてしまう”とそういった気持ちが薄れていき休憩の時間や回数が多くなっていきます。    「待機チャット休憩待機チャット休憩」というメリハリをつけて仕事をするということができなくなり非効率な稼ぎ方になってしまいます。   

休憩はメリハリが大切である

1回のチャットが終わった後に休憩を5〜10分程度を取る癖がついてしまっている方は今すぐにでも改善するようにしたほうがいいです。   例えば、喫煙者はタバコを吸いたいという気持ちよりも一連の行動が終わった際に習慣の行動として喫煙を行っている人が多いのです。 「朝起きたときに一服」、「食事後に一服」、「休憩中に一服」、「お仕事終わりに一服」、「お風呂終わりに一服」、「寝る前に一服」というように一連の行動が終わると喫煙し、あまりタバコを吸いたい気持ちでもないにも関わらず自分ルールに従ってタバコを吸います。   タバコを吸えなくてイライラという衝動の多くは「自身が習慣づいている行動を制限される」ことで負の感情が起こってしまいます。    これは”休憩を取るという行動”にも同じであり、「1回のチャットが終われば”とりあえず休憩を取る”という自分ルールが出来上がってしまいます。   もし、この習慣づいている自分ルールがなくなってしまえば精神的な負の感情も起こりやすく、その後の会員さんとのチャットにも影響が出てしまう可能性がありあmす。 そして、一番大事な効率よく稼ぐという点においてもデメリットしかありません。   休憩は適度に取るよりもメリハリをつけて取るほうがより効率よく稼げます!             

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+