人種差別も誹謗中傷もアンチもなくなりません。人は弱い生き物だから。

「人種差別」

「誹謗中傷」

「アンチ」

 

ニュースで最近見かける言葉です。

 

私の個人的見解を言うと、

「人種差別も誹謗中傷もアンチも絶対になくならない」

と思っています。

 

 

その理由は単純です。

 

 

「人は弱い生き物だから」

 

 

不安や孤独、嫉妬、悲しみなどマイナスの感情が生まれた場合にコントロールできる人とできない人がいます。

 

コントロールできる人であればマイナスの感情とも向き合うことができ、感情をリセットし突き進むことができるでしょう。

 

しかし、ほとんど人はマイナスの感情をコントロールすることができません。

 

その結果、マイナスの感情に耐えることができなくなった人間が行うことはなにか?

 

 

 

自分より弱い生き物へ攻撃の矛先を向けること」

 

 

人種差別や誹謗中傷、アンチなど感情のコントロールができない心が弱く困難に立ち向かえない弱い人間たちが行っている行為です。

 

 

惨めで情けなくそれでいて自己中心的な行動。

 

弱い生き物だからその矛先を他者へ向けるしかできないのです。

 

 

最後に一つフランスの天才哲学者パスカルの言葉で終わりましょう。

 

 

”人間は、自然のうちで最も弱い一本の葦にすぎない。しかしそれは考える葦である”

-ブレーズ・パスカル-

 

 

その意味は、

「人間は孤独で弱いが,考えることができることにその偉大と尊厳がある」

 

 

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+