通勤から『在宅チャットレディ』になるとどうなってしまう?

大阪梅田チャットレディプロダクションBrilliantGirlsです♪

当社のブログ記事はチャットレディ未経験の方や経験者の方どちらも楽しめる内容となっております( ´ ▽ ` )ノ

カテゴリ別にて記事を分けているので気になるカテゴリからご覧ください(´ε` )

 

 

通勤チャットレディが在宅チャットレディになるとどうなってしまう?

チャットレディのおいて通勤から在宅になるケースはあまり多くみられません。

在宅でやっていて”在宅でのチャットが困難になってしまったため”に『通勤』へシフトチェンジというのはよくあります。

 

まず、通勤チャットレディから在宅チャットレディになった人でその後も同じように稼げるようになった人は滅多にいません。

 

つまり、一部例外を除いて『通勤から在宅になった人は稼げていない』というわけです。

 

なぜか?

 

本日はその理由をお教えします♪

 

 

通勤から在宅になった人が稼げない理由

モチベーションが続かない

通勤チャットレディとして事務所に通っていたときは、「スタッフ」や「周りのチャットレディ」などのお仕事をする環境は整っていました。

 

しかし、在宅でチャットレディをやるということは周りに誰もいない一人の環境になります。

 

誰とも関わりなく一人で黙々とやるのが好きという人であれば問題はないかと思いますが中々そうはいきません。

 

特にチャットレディという職業は体力的にも精神的にもハードなのでモチベーションを維持するのはタイヘンなのです。

 

そのモチベーションというのは実は周りの環境があるからこそ維持できているんですね!

 

 

稼働時間が大幅に減ってしまう

通勤チャットレディは事務所がシフト管理していることが大半です。
部屋が無限にある事務所は存在しませんよね。


Aという事務所には4部屋のチャットルーム
Bという事務所には7部屋のチャットルーム
Cという事務所には11部屋のチャットルーム

 

そのため、シフトが自由だとしてもシフト管理をしないと「急に部屋が満室になる」、「チャットルームの予約待ちをしないといけない」などが起こってしまいます。

 

シフトを提出している以上はある程度のルールを守っている人がほとんどでしょう。

つまり、シフトを提出した時点で『最低限の稼働時間は確保している』ようなものです。

シフトは守っていてもチャットルームで大半を休憩で過ごしている人は論外ですが・・・笑

 

このシフト管理がなくなる在宅チャットレディは稼働時間を上げるのも下げるのも自分次第なんですね。

 

そして、シフトがないためほとんどの通勤からチェンジした在宅チャットレディは稼働時間が大幅に減ってしまうそうです。

 

稼働時間が減るというのはそのままお給料に直結するので稼げなくなるわけですね。

 

 

サポートがなくなる

通勤事務所に所属の在宅チャットレディであればサポートは継続されますがサイトに直接登録の在宅ではサポートはほとんどありません。

 

サポートといってもあるのは「チャットのトラブル」や「カメラやマイクの不具合」などのサポートセンターのようなものです。

しかも、24時間対応ではないサイトが多いので深夜などに困ってしまうケースもよくあるそうです。

 

通勤チャットレディとしてやっていたときは常にお仕事中はサポートがあったのに在宅になると急にサポートがなくなってしまいます。

 

これも稼げなくなる理由ですね!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

通勤から在宅になるチャットレディは実例が少ないものの稼げなくなることが多いようですね。

 

そもそも在宅チャットレディ自体が稼ぎにくい環境というのもありますが・・・。

 

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+