「月曜が憂鬱」になりがちな人ほどチャットレディがおすすめな理由

大阪梅田チャットレディプロダクションBrilliantGirlsです♪

昨日は節分でしたね!

皆さんは恵方巻き食べましたか??

恵方巻きの大量売れ残りで約10億円分の経済的損失が出ているとのニュースを見ました。

そこまで作らなくてもいいんじゃないのかなって思いますが(*_*)

 

では、本題です。

 

ブルーマンデー症候群に注意

皆さんは「ブルーマンデー症候群」という言葉をご存知でしょうか??

ブルーマンデー症候群とは、『日曜の夕方や夜になると「明日から通学、通勤して一週間過ごさないといけない」という憂鬱な気持ちになり、体調不良や倦怠感があらわれる症状のことです。』

ちなみに自殺が多い曜日も「月曜日」となっているようでブルーマンデー症候群がきっかけで自ら命を落とす人もいます。

学校や通勤が憂鬱というの多くは「人間関係」起因します。

学校や職場の人間関係が良好であれば少なからず休み明けの月曜日でもそこまで苦ではないでしょう。

 

そんな人間関係を気にせずにできるお仕事がこれからご紹介する「チャットレディ」です。

 

 

チャットレディはブルーマンデーになりづらい理由

お仕事のペースは自分で決めることができる

まず、チャットレディのお仕事のペースというのは全て自分で決めることができます。

そのためブルーマンデー症候群の原因である「明日から通学、通勤しないといけない」というのも関係ありません。

精神的に辛い日があればもう一日休みを自分で取ることができます。

 

ルールに縛られないという働き方をしたい人にとってはもってこいのお仕事であるといえます。

 

 

完全個室で人間関係を気にせずに働ける

チャットレディはチャットルームという個室の中でインターネット上の会員さんとチャットをするのがお仕事です。

 

そのため面倒な人間関係というのもありません。

 

例えば、プロダクションに所属していればサポートスタッフがいます。
しかし、上司、同僚、友人などという関係性ではなく『ビジネスパートナー』という意味が最も近いです。

 

ビジネスパートナーといっても面倒なことを言ってきたり上司的な発言をするわけではありません。

「一緒にチャットを盛り上げましょう」という意味合いのほうが強いのです。

 

社会に生きていくには少なからず人間関係、コミュニケーションは必要になってきます。

その最低限のコミュニケーションはスタッフとだけ取ればいいというのもチャットレディのメリットですね。

 

月曜日のチャット率が高い

そもそもチャットレディがブルーマンデー症候群になりづらい傾向にあるのは月曜日という曜日がチャットレディにとって苦ではないからです。

 

むしろ、週明けの月曜日は休み明けで精神的に疲れた会員さんが多くライブチャットに癒やしを求めるので稼ぎ時なんです。

 

そのため月曜日のチャット率は高く多くのチャットレディさんがチャットをしています。

 

その理由からもチャットレディはブルーマンデー症候群になりづらいといえるでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

皆さんの中にも学校や通勤が憂鬱で仕方がないという人もいるのではないでしょうか。

 

私も会社勤めで毎朝月曜日が憂鬱で電車に乗って会社にいくのが死ぬほど嫌でした(T_T)

その代わり金曜日がめちゃくちゃ楽しみなんですよね笑

でも、日曜日になると憂鬱になる。

 

でも、今は月曜日が憂鬱なんて思ったことはありません。

 

会社勤めが悪いとは思いませんが今の現代人の多くはフリーランスという働き方にシフトチェンジしています。

 

むしろ、フリーランスという働き方が私達には合っているのかもしれません。

 

もし、今仕事が憂鬱という人は一度チャットレディをやってみてはいかがでしょうか??

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+