仮病を使う人はチャットレディで絶対に稼げない理由

大阪梅田チャットレディプロダクションBrilliantGirlsです♪

 

 

寒さの激しい季節でもライブチャット業界はまだまだ大盛況のようですね。

正月明けはちょっと厳しくなるかな?と思っていましたがそのような気配は全くないみたいです。

 

むしろ、今が稼ぎドキ!

 

というわけで本日は「仮病」についてお話します。

 

 

仮病をする人がチャットレディで稼げない理由

嫌なことからすぐに逃げる

チャットレディは個人事業主なので勤怠に関する規則がありません。

そのため「休む」も「遅刻」するも実質自由。

 

つまり、自分に甘く嫌なことからすぐに逃げる癖がある人にとってはもってこいの仕事なんですね。

 

 

「辞めたくなったらすぐにやめればいい」

「眠たいから遅刻していけばいい」

「仕事する気分じゃないから休めばいい」

 

いわゆる、社会において責任のある仕事を任されたことがない人にありがちな思考回路です。

 

こういう人がチャットレディで稼げるほどこの業界は甘くありません。

 

過去、そういった人たちはまたたく間に稼げないため辞めていっています。

 

嫌なことから逃げ癖がついている人は早めの改善することをおすすめします。

 

 

常連さんがつかない

例え、絶世の美女であっても仮病を使って約束を断るような女性には常連さんは絶対につきません。

 

なぜか?

 

『男性会員はチャットレディを自由に選ぶことができるから』

 

会員さんとチャットの予約をしていた当日に「やっぱりチャットにいくのがめんどうになってしまった」という理由で仮病してしまった場合。

当然、その常連さんからの信用はガタっと落ちてしまいます。

そして、その常連さんは愛想尽きて別のチャットレディへいくことになるかもしれません。

 

これを繰り返していくことで常連さんも減っていってしまいます。

 

すごく些細なことのように思えますがチャットレディはこういった積み重ねが非常に大事なんです。

 

 

チャットの会員さんは貴女の元から離れる時にいちいち理由など教えてくれません。

そっと知らぬ間に離れていきます。

 

 

自分ルールで生きている

学校などで仮病する分には損するのは自分だけです。
ただ、勉強が遅れたり単位が取れなかったりするだけの自己責任。

 

しかし、社会に出てしまえばそうはいきません。

 

企業の面接を仮病でドタキャンしてしまえば準備をしていた人事の人に迷惑がかかります。

病院や美容院などの予約も同じでお店の人に迷惑がかかります。

チャットではプロダクションや会員さんに迷惑がかかりますよね。

 

そういった自分ルールで生きていて相手のことを考えれない人が会員さんの気持ちなどわかるわけでもなく稼げるわけなんてないんですよね。

 

よくチャットの面談などで仮病を使ってドタキャンする人がいますがチャット業界の関係者は何も感じていません。

 

何故なら、そういった人がチャットレディとして成功しないことがわかっているからです。

 

1回でも面談などドタキャンしたりする人は次の出勤も遅刻や当日キャンセル、仮病、あらゆる手を使って自分ルールで生きて周りのことを考えずに生活していきます。

 

当然ながらスタッフもそういった女性に対して真剣にサポートなどするわけがないんですよね。

 

真面目に出勤して遅刻も欠勤もせずに「稼ぎたい!」と思っているやる気がある人に対してサポートをするのです。

 

どの業界でも同じですが自分ルールの人は相手にされずに淘汰されていきます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 

学生時代に通用していた仮病も社会に出れば全く通用しなくなりますね。

 

それはチャット業界でも同じことです。

 

特に近年チャットレディのレベルが非常に高くなっていますのでスタートラインの時点で負けないようにしておくのが稼ぐコツですね。

 

 

 

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+