ノンアダルトでも普通に2ショットで脱いでしまっている現実。

本日は、「ノンアダルトでの脱衣」についてお話したいと思います。

 

 

”ノンアダルト=NO アダルト”。

 

つまり、

「ノンアダルトサイトはアダルトなチャットはNG」であるということになります。

 

 

 

ノンアダルトサイト内では男性会員の「アダルト要求」に対して拒否権があります。

そのため、

 

脱いでほしいなぁ

 

という男性会員の要求に対して、

嫌です。

 

とはっきりと言えることができます。

 

 

アダルトサイトにおいては

あくまでも「男性会員とチャットレディのコミュニケーションに準ずる」とされていますが”脱衣拒否”はクレームになる恐れがあります。

それはアダルトサイトに出演するパフォーマーの規約として「出演する=アダルトな要求でも可能」という条件 元お仕事をしているとされているからです。

 

 

しかし!

 

これは前置きです。

 

本題の現実はここ、

 

 

「ノンアダルトサイトのおいては2ショットチャットでも普通に脱いでるしアダルトなチャットはやっている」

 

 

アダルトなチャットがしたくないという理由でノンアダルトサイトに出演しているにも関わらず2ショットではアダルトなチャットをしているのはなぜか?

 

その理由は以下に挙げられます。

 

  • サイトが2ショットにおいては暗黙のルールとしている

  • 「2ショットならいいか」という心理が女性側に働く

  • 待機が長くて「せっかく繋がったのに断ったら退出されてしまうかも」と感じてしまう

  • 男性会員が当たり前のように「脱衣」、「アダルトパフォーマンス」の要求をする

  • 「特別な常連さんならいいか」という気持ちになる

 

 

いずれにしても本来のサイトへ出演する際の心情とは矛盾しています。

 

 

では、これは間違っているのか?

 

と言われると、

素直に「はい」と言えることではありません。

 

 

あくまでも2ショットでのアダルトチャットは一つの手段であり、全てのパフォーマーさんがやっているわけでもありません。

それで常連さんを獲得できて売上がアップするのであればそれもまた一つの戦略ではないでしょうか。

 

 

結局は、

「自分自身が納得する形でチャットレディとしての仕事を担うことができるのか」

 

全てはここに集約します。

 

この気持ちと矛盾してしまうと仕事や男性会員やあらゆる環境に苛立ちを覚えてしまい、パフォーマンスが低下してしまいます。

 

 

自分の気持ちに納得して仕事をするっていうのはすごく大事なのです。

 

 

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

Twitterもやってるのでみてください\(^o^)/

width=

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+