「プロダクションを移籍すれば稼げるのか?」ついて答えます。

大阪梅田チャットレディプロダクションBrilliantGirlsです♪

当社のブログ記事はチャットレディ未経験の方や経験者の方どちらも楽しめる内容となっております( ´ ▽ ` )ノ

カテゴリ別にて記事を分けているので気になるカテゴリからご覧ください(´ε` )

 

プロダクションを移籍すれば稼げるのか?

タレント、モデル、お笑い芸人、俳優や女優、最近ではyoutuberとメディアで活躍する人は事務所と呼ばれるプロダクションに所属していることがほとんどです。

その業界で活動していく上で1人ではできないことをプロダクションに所属していれば周りのスタッフなどがサポートをしてくれます。

 

社会的な立場でいえば、「会社に属する」と同じ意味合いですね!

 

 

これはチャットレディ業界でも同様なんです。

 

プロダクションに所属しているチャットレディの割合は7割〜8割以上であり、サイトの直で登録しているチャットレディは極わずかです。

実際には登録している人はいてもサポートが全くないので自然淘汰されていき辞めていってるというのが正しいかもしれません。

 

そこで本日のお話するテーマは『プロダクションを移籍すれば稼げるのか?』です。

 

移籍を考えている人も考えていない人も見てください♪

 

 

 

稼げない理由を明確にできているか?

「チャットレディで稼げない・・・」

 


チャットレディにおいて稼げずに悩む人がたどる道は大きくわけて2つです。


1、チャットレディを辞めて別の仕事を探す

2、プロダクションの移籍を検討する


1のケース「自分にはチャットレディの仕事が向いていないので別の仕事を探す方がいい」と考えている人であり現代人にとってはありがちな傾向です。
むしろ、理にかなっているといえるでしょう。


問題は2のケースです。
「稼げない理由はプロダクションにある」と考え、移籍を検討することです。

 

 

まず、大抵の稼げないチャットレディに共通しているのは問題が自分自身にあるということです。


・出勤日数が少なくないか?
・稼働時間が短くないか?
・アダルトではなくノンアダルトを選んでないか?
・接客拒否をして会員さんを逃していないか?
・最低限の接客マナーはできているか?
・営業メール、お礼メールなどはやっているか?
などなど。


プロダクションの移籍の前に稼げない理由を明確にしてみよう。

いずれも「プロダクションが〜」という問題ではないことに気づくでしょう。

自身が抱えている問題に気づかなければプロダクションを移籍したとて結果は同じです。

 

 

稼ぐノウハウは全くあてにならない

「私達のプロダクションは運営歴●年なのでチャットレディの育成におけるノウハウがあります!」

 

よく見かけるようなチャットレディの求人広告です。

 

この『稼ぐノウハウ』というのは実に的はずれであり間違っています。

 

さすがにチャット業界のことを何も知らない人間が作り上げたプロダクションは稼ぐノウハウ以前の問題です。
しかし、ある程度チャット業界に携わっていれば未経験のチャットレディを月30万円以上稼がせる術はどこのプロダクションにもあります。

 

はっきりいえば、そのレベルの知識はサイトの「初心者マニュアル」などに全て書いています。

 

稼ぐノウハウというのはスマホが普及する前のかなり前の話であり、現代の情報社会においてはちょっとネットで調べれば大体の知識は手に入れることができます。

 

 

むしろ、チャットレディが稼ぐかどうかは「ノウハウ」よりも『プロデュース力』です。

 

 

例えば、
「この女性は稼げる素質はあるけれどモチベーションが下がりやすい。直接的なサポートを嫌う傾向にあるのでチャット中のアドバイスよりも普段のコミュニケーションの中で仕事の話をすすめる」。

 

これは女性の本質をキチンと見抜き、アプローチしていく手段です。

 

モチベーションが下がりやすく、直接的なサポートを嫌うなどを普段の会話や表情から読み取り、コミュニケーションを優先してすすめていくということはプロデュースの一つです。

 

 

これができるかどうかはプロダクションのスタッフの技量によります。

 

 

つまり、情報社会ですぐに知識を手に入れることができる今の時代にとって”稼ぐノウハウを持っていると謳っているプロダクション”は全くあてにならないというわけです。

 

 

 

移籍を決める理由は正当化できるか?

「スタッフにセクハラをされているので別のプロダクションへ移籍したい・・・」

 

 

パワハラやセクハラなどチャットレディの仕事に支障をきたすような理由であればプロダクションをすぐに移籍するほうがいいでしょう。

これは移籍を決める理由の正当化にあたります。

 

 

しかし、これはどうでしょう。

 

 

「遅刻や欠勤を何度も繰り返して出勤しずらくなったので別のプロダクションへ移籍をしたい」

 

この場合、問題はプロダクションではなくチャットレディ自身”にあります。

 

実はこういった自己都合の理由で移籍を繰り返すチャットレディが多いのです。

 

つまり、
根本的な問題の解決が行われておらず、現実逃避をするためにプロダクションを移籍している。

 

こういった人は同じ過ちをすぐに繰り返すのでチャットレディとして長続きすることもなく、別の職種に就いたとしてもまた現実逃避のために仕事を辞めるでしょう。

 

 

プロダクション移籍をするときの理由に正当性があるのかどうかを見つめるのも大切です。

 

 

正当化できていないのであれば結局稼げない事実は変わりませんよね!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

本日はちょっと内容の濃いプロダクションの移籍のお話でした。
(まだまだブログには書けないような裏話もあります・・・笑)

 

稼ぐのであればプロダクションの見極めも大切です。

 

 

移籍を検討している人はよく考えてから行動してくださいね(*^^*)

 

ブリリアントでは未経験者も経験者も大大大募集中なので移籍の相談などもラインで受け付けております♪

 

迷ったら即お問い合わせください\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+

最後までご覧頂き有難うございます(о´∀`о)

お問い合わせや無料相談は下記のLINE@より友達追加してね(*´ω`*)

*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+*:;;;:*:;;;:*+☆+